専門業者への依頼に依頼してバッグ修理

専門業者のバッグ修理について

利用者の声は

大切なバッグ修理はメーカーやブランド取扱店でも請け負ってくれるケースもありますが、バッグ修理を専門にやっている店に依頼すると思いがけなく安くやってくれる事が多いのです。職人技は個人個人で差がありますし職人の癖がどうしても出てしまうきらいもありますが、全国にあるバッグ修理専門店の中でも絶大的な信頼と実績によって、人気ランキングで常に上位をしめている店もいくつかありますし、店選びで困ったら口コミや評判で高い評価を受けている、これらの店を利用してみるのがオーソドックスですが正解です。

近頃は宅配や通信販売でも修理を依頼できるサービスが一般になってきているものの、なおのことスタッフの電話対応やアフターフォローおよびコストパフォーマンスなどの点で、シビアな評価を受けやすくなっている現実もあります。実際利用者さんたちはどのような感想を持ったのでしょうか。全国対応で店頭と宅配との両方で請け負っている人気店の1つでは、結果に大満足ですといった30代女性客からの声や、他で断られてわらにもすがる思いでお願いしたら、快く引き受けてくれた事にまず感謝の思いを述べた後、値段もとても安いのでびっくりしたと綴られていますし、他の人気店でも職人の優れた技に驚嘆する声と同時に安い事をあげられていました

店員の親切丁寧な対応も高いポイントを稼いでいます。利用者の年代層を見ると20代の若い世代から60代のシニア世代までの幅広い世代の人たちから、手作りの良さを支持され生まれ変わった宝物との再会を、心から喜んでいる様子をうかがい知る事ができます。

見事な匠の技

一流ブランドの価値はデザイン性の他に丈夫さに表れる職人技に見る事ができますが、さすがに時を重ねるごとに古くなっていきますし、特にエナメル製品であれば光沢が失せてきます。色落ちもおしゃれのうちですがパーツが壊れてくるのは使い勝手が悪くなりますから困ります。表面がはがれてくると見栄えも悪くなってきますから、公式な会場では使いにくくもなります。

お気に入りのものならばいつまでも快適に使っていたいと思うのは自然です。専門業者に依頼するとおおよそハンドルなどの持ち手・内装・接合部分・縁回り・ファスナーなどのパーツ・金具の6箇所が修繕メニューで提示される事が多いです。多くの中古バッグが壊れてくる代表的な場所だからです。縫製職人同様ロックミシンが職人の7つ道具の1つとして使われます。

持ち手であれば縫い目がほつれてきてバンドルがいよいよ分解しかかってきますが、平らなタイプでも丸いタイプのものでも、元の縫い穴に沿うようにほつれを直していきますから、まったく元の状態になって末長く使えるようになります。ビジネス鞄も同様ですし部分的に表面がはがれてきてしまった状態であっても、大変美しい仕上がりにしてくれますから安心して活用できます。

ヌメ革を使った特定ブランド品にいたっては表面がやけた感じになってしまう事が多いのですが、これもパーツの交換という形で見事に再生します。代金も大変リーズナブルですから新規購入するよりも、愛着のこもった製品を長く使い込む方が経済的にもよりメリットを感じるはずです。見るも無惨な劣化を示す内装も完璧に元通りになります。

今時ですがバッグ修理

お金を出せばなんでも買える時代ですから。わざわざ修理に出してまで使うのは貧乏くさいと考える人は多いのですが、なけなしのお金をはたいて買ったブランド品を簡単には捨てられないと思うのは自然な気持ちですし、まして思い出のこもったものならなおさら捨てるのに忍びないものです。それなら専門業者に直してもらうという選択があります。

このご時世でまだ修理してくれるお店があるのかと不思議に思うのですが、どれだけ世の中が便利になっても高い技術でどのような状態の製品でも新品に戻してしまう職人は健在なのです。革製品であれば鞄を始め靴や財布そしてベルトまで対応してくれます。こうした技術はたとえばリサイクルショップなどでも見かける事ができます。

法人からの依頼と同時に個人からの依頼も受け付けてくれる店舗が多く、雑誌などでもたびたび紹介されていますから、なんとなく見聞きしていたという人も多いのではないでしょうか。一流ブランド品を持つ事にステータスを見いだしている人の中には、未使用状態でビニールカバーをしたまま後生大事に金庫にしまい込んでいるケースをたまにみかけますが、バッグは使ってこそのものなのです。

バッグのパーツの中で真っ先に壊れてくるのは内装・縁回り・留め金周辺あたりが多いですし、革製品であれば使い込むほどに色あせてきたり色落ちしたりなどしてきますが、職人の手にかかればまったく修繕の跡がわからないほど完璧に仕上がります。そうして再び息を吹き返したバッグはさらに年数を重ねていよいよ手に馴染んでくるのです。もっとも革製品の場合は色あせた感じが渋くておしゃれだとは言われるのですが、あちこちがほつれてきたり破れてきたりで使い勝手が悪くなるのは困ります。今回はバッグ修理のお話です。

参考リンク:バッグ修理 / 靴専科