今時ですがバッグ修理


お金を出せばなんでも買える時代ですから。

わざわざ修理に出してまで使うのは貧乏くさいと考える人は多いのですが、なけなしのお金をはたいて買ったブランド品を簡単には捨てられないと思うのは自然な気持ちですし、まして思い出のこもったものならなおさら捨てるのに忍びないものです。関連サイト...靴専科 > バッグ修理

それなら専門業者に直してもらうという選択があります。

このご時世でまだ修理してくれるお店があるのかと不思議に思うのですが、どれだけ世の中が便利になっても高い技術でどのような状態の製品でも新品に戻してしまう職人は健在なのです。

革製品であれば鞄を始め靴や財布そしてベルトまで対応してくれます。こうした技術はたとえばリサイクルショップなどでも見かける事ができます。法人からの依頼と同時に個人からの依頼も受け付けてくれる店舗が多く、雑誌などでもたびたび紹介されていますから、なんとなく見聞きしていたという人も多いのではないでしょうか。

一流ブランド品を持つ事にステータスを見いだしている人の中には、未使用状態でビニールカバーをしたまま後生大事に金庫にしまい込んでいるケースをたまにみかけますが、バッグは使ってこそのものなのです。バッグのパーツの中で真っ先に壊れてくるのは内装・縁回り・留め金周辺あたりが多いですし、革製品であれば使い込むほどに色あせてきたり色落ちしたりなどしてきますが、職人の手にかかればまったく修繕の跡がわからないほど完璧に仕上がります。

そうして再び息を吹き返したバッグはさらに年数を重ねていよいよ手に馴染んでくるのです。もっとも革製品の場合は色あせた感じが渋くておしゃれだとは言われるのですが、あちこちがほつれてきたり破れてきたりで使い勝手が悪くなるのは困ります。

今回はバッグ修理のお話です。

(利用者の声は)